2015-01-27

とある蕎麦屋の、白打ち黒打ち

小ぢんまりとしたその蕎麦屋の清潔な店内には、
ぽつんと掲げてあるメニュー以外には、
装飾は何も無い。

そのメニューには、
----------------------------------------------------
白打ちせいろ・・・・・・800円
黒打ちせいろ・・・・・・800円
蕎麦味噌・・・・・・・・500円
お酒(一合)・・・・・・600円
---------------------------------------------------
とだけ書いてある。
麦酒は、無い。

小松方正にそっくりな大将と、
若い頃の原田美枝子にそっくりなおかみさん、
二人だけで切り盛りしている店だ。

四人がけのテーブルが二つ。
小上がりには、
掘りごたつ形式の長テーブルが一つ。
詰めても八人、といったところだろうか。

月に二度ほど通っているのだが、
最初はおかみさんに会いたくて通い始めた。
何を隠そう、自分は原田美枝子が大好きなのだ。

しかし今では、大将の打つ、
白と黒に、すっかりはまっている。

まず、蕎麦味噌とお酒でちびちび始める。
ここのお酒は蛸唐草の徳利に、
キッチリ一合入っている。

今時のスカした店のように、
六勺だか七勺しか入ってないくせに、
「一合」などと、嘘の表記をしたりはしない。

そして、メニューには「お酒」としか書いてないが、
中身は、東北泉の「ちょっとおまち」だ。

冷やで良し、ぬる燗で良し。
派手すぎず、心地よい丸みが蕎麦味噌とよく合う。
勿論、ここの蕎麦にも相性バッチリ。
お薦めはやはり、ぬる燗。
真夏でもぬる燗がいい。

チビチビとお酒、味噌、お酒・・・と
おかみさんを眺めながら一合を空ける頃、
白打ちと黒打ち、
それぞれ茹でる前の蕎麦がやってくる。

何度も同じ流れの繰り返しで楽しんでいるので、
おかみさんは、タイミングをつかみきっている。

上品な塗りの皿に載せられた白打ちと黒打ちは、
その名の通り、真っ白な細面と真っ黒な細面だ。
まぁ、蕎麦なので細面なのは当たり前なのだが。

つやつやとしたその出で立ちは、
ともに喉越しの心地よさを、早くも期待させてくれる。

「よろしいでしょうか?」
「はい・・・お願いします」

毎度々々、両方を楽しんでいるのだが、
どちらから口に運ぼうか、悩ましい。

そんな思いを巡らせている間に、
お酒のお代わりと共に、
スッと蕎麦が茹で上がってくる。

茹で上がった白打ちは、
まるで最上級の更科蕎麦のように、
透けているのではないかと思える装いだが、
更科ではないらしい。
と言って、何なのかは絶対に教えてはくれない。

そして、黒打ちはというと、
あの茹でる前の真っ黒な出で立ちとは打って変わって、
ほんのりと淡く美しい灰鼠色に装いを変えている。
しかし、田舎ではないらしい。
これも何なのかは、絶対に教えてはくれない。

まぁ、そんなことはどうでも良く、
蕎麦の薫りと喉越しを存分に楽しめるのだから、
余計な事は考えない方がいい。

蕎麦つゆは、宗田節ベースなのか、
かなり濃厚で、ほんのちょっぴり蕎麦を浸すだけで、
十分に楽しめる。

最後にこのつゆに、ちょっぴりの山葵と、
やや多めの蕎麦湯を合わせて、
お酒をお代わりして締めるのがいつもの流れだ。

さて今日は、白から行こうか。
まずは、蕎麦つゆをつけずに。

一口運べば、官能的とすら言ってもいいほどの心地良さで、
舌の上を蕎麦が滑っていく。
喉越しはあくまでもなめらかで、
そこから鼻腔へ立ち返ってくる蕎麦の香りが
やさしく後頭部を刺激する。

そこで、お酒を一口。
月並みだが「生きてて良かった!」

もう、後は蕎麦つゆをつけ、
喉を刺激し、お酒を運び・・・の繰り返し。
官能的なひととき。

そして、黒。
同じく、まずは蕎麦つゆをつけずに。

一口運べば、今度は野性味あふれる官能が、
舌の上を刺激する。
喉越しは、一見なめらかなようにも思えるが、
蕎麦を胃に落とし込む際に、
一暴れして心地よい爪痕を喉に残していく。

この爪痕が、けっこう後を引くのだ。

やはり、ここでお酒を一口。
「うん!」

そんなこんなで、黒打ちも完食する頃合いを見計らって、
おかみさんが、蕎麦湯とお酒のお代わりを運んできて、
いつものように「ニッコリ」と目を合わせてくれる。
いつものように、ドギマギする瞬間だ。

そして、テーブルから離れる間際に、
ちょっぴりの山葵を置いていく。

ここの蕎麦には、山葵を合わせないのだが、
締めの蕎麦つゆにだけは、欠かせない。

ゆっくりと今夜の余韻を楽しみながら、
締めを終え、お会計をして外へ。

「次は、いつ来ようか・・・」

とりあえず、あそこへ行ってOBANでも呑みながら、
考えよう・・・










と、歩き出したところで、








携帯が震えだし・・・

目が覚めた。